金満楼(キンマンロウ) 関内

金満楼

福建家庭料理「金満楼」(キンマンロウ) 再訪

170513001.jpg

某日は宴会調査隊の一員として複数人で利用。店内奥の円卓を使わせてもらいました。

テーブル・セッティングは省略。

また、料理はグランドメニューを中心にチョイスしていますが、

以前記したものについては、その細かい記録を省きます。

170513002.jpg

麻花炒海(マテ貝と中国かりんとの炒め)@1,500

薄らとした甘さの中国かりんとが存在感を放ち、面白味のある味、

と、自身の印象は変わりませんが、前回と比べ、やや油っこいかも。

170513003.jpg

清蒸螺片(ツブ貝の醤油蒸)@1,000

ツブ貝を中央に斜め切りのキュウリが円陣を組んだビジュアル。

170513005.jpg

トッピングの白ネギをトングで混ぜ合わせると、主役が表舞台に登場。

醤油ベースのタレもかかり、ネギの風味に貝の程よい食感が合わさり

酒のつまみにもってこいの1品です。

170513006.jpg

紫菜焖肉(岩海苔と豚肉の煮込み)@1,000

地味でアンバランスな風体に旨さは宿る!とろっとろの岩海苔美味し。

印象は変わらずです。

170513007.jpg

海蠣煎餅(牡蠣のお好み焼き)@1,000

薄焼きのたまご生地の上に、小さな牡蠣を叩いたものがみっしり。

濃縮された牡蠣の旨みを味わえ、風味豊かです。

170513008.jpg

(レンタロー) ほんのり甘くさっぱりとしたニンニクだれもセットされたな。好みで使うだ。

170513010.jpg

炸海蠣餅(牡蠣、福建海苔、豚肉餡の揚げ餅)@300×7

注文時に、「これから作るので少し時間がかかります、いいですか?」

と聞かれましたが、もちろんOK。

待望の海蠣餅はUFO型で、そのインパクト大きさに一同拍手喝采。

サーブ時にはキッチンパック(ポリ袋)も置いてくれました。

これを使って掴むのです。

170513009.jpg

ずっしりと重量感のあるボディ。

熱々かりっとした揚げ餅の中には岩海苔をはじめとする充実具材がぎっしり詰まって

食べごたえ十分。実直な美味しさで胃袋を鷲掴みにされましたよ。

待って大正解、前回の蒸地瓜丸もですが、作り立ては美味しさの威力が違うなあ。

170513011.jpg

地瓜丸(サツマイモ団子スープ)

メンバーさんが現地のように発酵タケノコ調味料、笋糸(筍絲)をがっちり使って欲しいとリクエスト。

私自身、以前、強烈な臭気にノックアウトされたことがあり、またあの匂いを嗅ぐのかと

ドキドキでしたが、当店はその使い方が上手なよう。まったく違和感なしで、飲み干せます。

地瓜丸はお店側の提案により、人数分で出してくれました。

通常と個数が違うため、正確な値段は不明。

この微調整のためか、今回は極細春雨が入っていない(涙)

170513013.jpg

地瓜丸は、1個のボリュームが頼もしく、薄塩味のスープにしっくりと調和。

あら、今回の地瓜丸は牡蠣入りだわ。

スープに入っていた地瓜丸は店で作ったものを、いったん冷凍にしているのでは?

それでも、ちゃんと美味いのだから無問題。満足度に変わりはありません。

170513014.jpg

花生餃子(ピーナッツ入り揚げもち餃子)10個@1,000

170513015.jpg

以前、「厦門厨房」さんでも福建花生餃をいただいたきましたが、当店の花生餃子はとてもパワフル。

クラッシュナッツ、ゴマ、ココナッツほか食感豊かな具材がみっしりで、ほんのり甘く、

甜品的なポジショニング。しかし、前回に比べると、火が入りすぎてしまったよう。

ナチュラルな味わいを記憶していましたが、今回はカレースパイスのような香りを

強く感じられました。

170513012.jpg

デザートはお店からのサービス。ありがとうございました。

会計は、人数割りにすると、1人当たり2,000円(千円未満四捨五入)

酒量は多くありませんが、ドリンク代も含んでいます。人数を集めるほどにお値打ちです。

170513004.jpg

金満楼
神奈川県横浜市中区福富町東通38-5 東38番館 1F
TEL     045-315-3588
営業時間/ 17:00~翌5:00     -店舗情報「食べログ」より-

金満楼中華料理 / 伊勢佐木長者町駅関内駅日ノ出町駅

関連記事