波記燒臘粉麵店 Po Kee

波記燒臘粉麵店

波記燒臘粉麵店」 Po Kee

161105018.jpg

最寄駅は香港大學。西環の麵包店「生命物」さん並びというロケーション。

161105010.jpg

アヒルやガチョウの焼味には定評の高い当店へ

今回の旅の課題の一つ、「燒鵝瀨粉」をいただくためにランチ訪問です。

161105016.jpg

お昼時、徐々に混みあってきますが、入口近くのテーブル席に空きがあったので

相席を想定し横並びで着座。

161105011.jpg

店内で渡された メニューは英語が併記されていますが、日本語はなし。

「燒鵝瀨粉」を頼むのでもう1品はご飯ものにしよう。

具材を二種のせた雙拼飯の場合+HK$5の割増料金がかかるので、

スタンダードに1種類でお願いしました。

161105013.jpg

貴妃雞飯HK$30(左)、燒鵝瀨粉HK$30(右)

161105014.jpg

小ぶりな器から溢れ出さんばかりに乗った燒鵝は飴色に輝き、

思わず息を呑むほどの美しさ。まずこのビジュアルにハートを射ぬかれます。

齧りつくと皮目はパリッと、肉は健やかに引き締まり、

味が濃くて美味しい脂がじゅるじゅる。

――美味い~。ああ、これなのね!

161105015.jpg

瀨粉(ライスヌードル)はしっかりとしたコシがあり、つるんつるんとして

箸で掴みづらい感じですが、これもまた醍醐味。夢心地の美味しさですよ。

161105012.jpg

しかしです!それにも況して驚いたのは貴妃雞のずば抜けた旨さ。

こいつが凄い!肉を頬張った瞬間に私の中で鶏肉の歴史が変わりましたよ。

しっとりと柔らかく、たとえようのない旨みが口いっぱいに広がり、

群を抜いたぶっちぎりの美味しさに陶酔。

(寝太郎) わかるよー。恍惚感に浸るってやつだよね。僕も同じ。

こんなに美味くてHK$30なんて、香港の食事情はどこまで奥が深いんだろう。

醤油タレにネギ生姜ソースを添え、ライスは長粒米を使用。

一度食べたら忘れられなくなる美味しさです。

161105017.jpg

当店へはリピート決定。次回は雙拼飯で欲張りにいただいてみたいです。

波記燒臘粉麵店 Po Kee
西環皇后大道西425號P舖地舖
営業時間  月~土: 11:30-20:00

関連記事