大珍樓(ダイチンロウ) 本店 横浜中華街

大珍樓

横浜中華街、西門通りの広東料理の老舗「大珍樓」(ダイチンロウ) 本店。再訪

161016005.jpg

以前、当店の社長さんから、小皿料理を始めると聞いたけれど、

その内容が知りたくてならない。

某休日、寝太郎さんをお供に訪問を決行。

表のスタンド看板にも紹介されているし、本店で間違いないわね。

161016002.jpg

入店後、指示を受けたのは2階、窓際のテーブル席。

テーブル・セッティング:取り皿、小皿、小碗、レンゲ、箸置き、箸。

テーブルクロス:有り(布とビニールクロス)

卓上調味料:有り(醤油、酢、からし、北京ダック用海鮮みそ)

その他:爪楊枝、オーダー用メモ、鉛筆、呼び出しベル

着座後:メニュー、タオル地のおしぼり(直置き)

(寝太郎) ね、飲み放題プラン、まだやっているかな?

161016001.jpg

料理は小皿を中心にアラカルトで、と決めてあるけれど、メニューの束の中に、

飲み放題プランが見当たらない。ダメもとで聞いてみると、変わらずちゃんとありましたよ!

スタンダード(1,500円)とプレミアム(2,000円)で、各2時間制。

選んだのはスタンダードです。

チェイサーの水もウォーターピッチャーでもらえ準備万端。

今回、タイミングよく、1階で社長さんに会え、オススメの小皿料理を教えてもらえたので、

チョイスはそれを参考に選びました。

161016004.jpg

清蒸魚(核桃肉)(広東式蒸し魚の昔風(アイナメのホホ肉)メロウ使用@480

蒸し魚を注文となると、ある程度の人数が理想的だったり、また、2人では小さいサイズの魚で

お願いしなくてはならず、けっこうハードルが高いのですが、切り身での提供により問題はクリア。

小皿料理なら2人でも注文しやすく、これだけでお腹がいっぱいにならないところが嬉しいです。

お話によると、安定した供給が望めるとのことで、魚はアイナメのホホ肉を使用。

よく動かす部分だから、筋肉を食べているような健やかな歯触りで、タレの味も申し分なし。

白飯を誘う味わいです。

無題

さて、次は社長さんも推していた鉄板焼き。

テーブルサイドにワゴンを寄せ、スタッフさんが料理を仕上げてくれます。

目で見て、じゅうじゅうパチパチとした音を聞き、香りが立ちのぼる。

このライブ感がたまらなく楽しいのです。

161016003.jpg

鉄板黒椒牛柳(大珍楼特製牛ヒレ肉の黒胡椒鉄板焼き)@680

厳選したバターと玉ねぎを使い、ヒレ肉はすっと歯が入る柔らかさで、

ほんのりとした甘みが感じられ味はまろやか。

(寝太郎) これは原価率が高いんじゃあないかな。質が良いし、お得感ありだよ。

unnamed13

時菜沙律(広東式新鮮野菜の中華サラダ)@380

箸休め的に小さいポーションのサラダ。エビと揚げたワンタン皮が砕かれ、トッピング。

手元であっさり味のドレッシングをかけていただきます。

161016009.jpg

鹹魚蒸肉餅(ハンバーグ風蒸し肉の塩漬け干し魚のせ)@480

小さなボディの肉餅も、はっとさせるほど鹹魚の香り豊か。

このお値段が信じられないほど、クオリティが高く、真剣勝負の味わいに舌も心も満たされました。

白飯もですが、これで、チビチビ飲る酒もまた格別なのです。

161016006.jpg

お会計は、1人当たり3,000円(千円未満四捨五入) 

ポーション少なく、小皿料理がお手頃な価格から取り揃えられてるので2人でも楽しめ、かつ、

アラカルトでもお願いできる飲み放題効果で満足度は神クラス。


経営センス抜群の社長さんは、率先して現場に立ち、また各卓を回りホスピタリティ溢れる接客に

努めてくれるので、本当に頭の下がる思いです。

私達、料理だけでなく、そのお人柄の素晴らしさにも惚れ込み、足を運んでしまうのです。

最後に、今回は当店の宴会でお子様へと登場するハローキティカスタードまんをご紹介したいと思います。

unnamed2

1階「飲茶發發」のコーナーで販売。割って食べるのが躊躇われるぐらいの美形でしょ。

説明によると、厳しいチェックにより、選りすぐりのべっぴんさんだけが店頭に並ぶとのこと。

皮はふっくらしっとり、カスタードあんはとってもミルキーです。横浜中華街のお土産にいかがでしょう。

unnamed19

大珍樓 本店
神奈川県横浜市中区山下町202
TEL     045-681-3277
営業時間/11:00~22:00(LO21:30)
定休日    無休     -店舗情報「食べログ」より-

関連記事