喜来楽 (シライル) 蒲田

台湾家庭料理「喜来楽」 (シライル) 定期再訪。 店のカレンダーでは、5月30日は中国の端午節。当店でもちまきが登場しています。 料理はそのちまきを最終目標に、おすすめと、台湾定番のリクエストを織り交ぜて注文。 以前記した料理の細かい記録を省きます。 砂肝 砂肝は食べやすいように細かめにカット。ニンニクの風味が食欲をそそる炒め物です。 カラスミ 料理のつなぎにサーブされたのは、ねっちりとし...

中国菜 膳楽房(ゼンラクボウ) 神楽坂

中国菜「膳楽房」(ゼンラクボウ) 再訪。 5名での会食にあたり、お店に電話をかけたところ、 コース料理は、3,800円、4,500円、6,500円という価格設定。 すかさず3,800円と4,500円の違いを尋ねると、品数自体は変わりがないそうですが、 扱う食材が異なるのだそう。メンバーと相談のうえ、4,500円で予約しました。 予約名を告げ、指示を受けられたのは2階席の左手奥。 同じフロアで団体様の予約が入っているよ...

喜来楽 (シライル) 蒲田

台湾家庭料理「喜来楽」 (シライル) 定期再訪。 蒲田を訪れてくれた友人をこのまま帰すわけにはいかない。(なかば強引に?)3名での利用。 料理は友人の希望を聞きながら、その日のおすすめと、台湾定番のリクエストを織り交ぜて注文。以前記した料理の細かい記録を省きます。 肉圓 ぷよぷよ、ぷるるんっ。 半透明のもっちり皮の上にかけられたソースは ベタっとしたしつこい甘さがなくて、サンドされたお肉はた...

川福楼(センフクロウ) 蒲田

四川料理「川福楼」(センフクロウ) 久しぶりの再訪。 蒲田で中華を食べるという友人のお誘いを受け、現地集合。4名での会食。 ドリンクは瓶ビール、料理はグランドメニューからアラカルトで4品注文しました。 酸辣魔芋絲(コンニャクの細切り酸辛和え)@680(税別) キュウリをクッションに、結び糸こんにゃくは食べやすいように半分にカット。 辣油の辛味とコクにすっきりとした酸味が調和しています。 椒麻...

金満楼(キンマンロウ) 関内

福建家庭料理「金満楼」(キンマンロウ) 再訪。 某日は宴会調査隊の一員として複数人で利用。店内奥の円卓を使わせてもらいました。 テーブル・セッティングは省略。また、料理はグランドメニューを中心にチョイスしていますが、 以前記したものについては、その細かい記録を省きます。 麻花炒海蛏(マテ貝と中国かりんとの炒め)@1,500 薄らとした甘さの中国かりんとが存在感を放ち、面白味のある味、 と、自身の...

喜来楽 (シライル) 蒲田

「喜来楽」 (シライル) 定期再訪。 ドリンクはキープボトル(鏡月一升瓶)を自分でスタンバイし、どくだみ茶割りで。 お通しのニンニク風味の揚げ塩ピーナッツをつまみながら、料理はその日のおすすめと、 台湾定番のリクエストを織り交ぜて注文。以前記した料理の細かい記録を省きます。 海ぶどう 常連さんからのお土産かな。 ポン酢を一緒に出されたけど、塩味が効いているので、控えめを推奨。 もっと硬いの...

何洪記 Ho Hung Kee

「何洪記」 Ho Hung Kee 再訪。 今回、時間や行動の関係から、好物の雲吞麵までカバーならず……。 リストアップしていたお店はいくつかあったのですが、無念。 でも大丈夫、まだチャンスはある。私の頼みの綱としているのが空港内の当店です。 正斗鮮蝦雲吞麵(蝦入りワンタン麵)HK$58 天地返し発動!  極細の玉子麵のコシに大地魚の香る極上スープ。そして、歯触りが頼もしいぷりっぷりの蝦雲吞! やっぱり...

生記清湯牛腩麵

「生記清湯牛腩麵」 再訪。 最寄駅は上環。今回は並びの「生記粥品專家」ではなく、はじめからこちらを目指して入店。 日本に帰る前に、もう一度、糊のように粘度のあるとろ~りとしたお粥が食べたい! 当店なら並びの粥品店とメニューは通じているし、前回、注文し損ねた料理も頼んでみたいの。 清湯牛腩蘿蔔HK$47 それが店名にも冠している“清湯牛腩”。 本来ならば麺をつけて注文すべきなのかもしれませんが、この...

聯華茶餐廳 Luen Wah Cafe

「聯華茶餐廳」 Luen Wah Cafe最寄駅は西營盤。帰国日の朝食に寄りました。 早餐メニュー(上午7時至11時)は、珈琲或茶がセットされ(A)~(F)の6種類。 その中からのチョイスは、メインが(A)火腿煎蛋と(D)腸仔蛋公仔麺の2種。 どちらも鮮油餐飽がセットされたものになります。 (D)鮮油餐飽、腸仔蛋公仔麺、奶茶HK$30 一丁麺(+HK$3)、多士(+HK$1)、凍飲(+HK$2)をリクエストする場合は、 ()書きの割...

靚煲皇 Supreme Hot Pot

「靚煲皇」 Supreme Hot Pot 今宵の夕食メンバーは訪港のタイミングが合った香港迷さん、香港在住の友人、と計4名。 他店の候補もあり、お店選びに迷いましたが、せっかく合流できるのだから、人数が集まらないと食べれないものがいいよね。 火鍋というところまでは絞れたので、あとは「Open Rice」情報を検討材料として決めました。 最寄駅は旺角。入圍熱店のうちの一軒ですから、予約なしで入店できるか不安だったのです...